千葉県市川市(東京駅より25分)にある整体学校「内臓調整療法学院」では、内臓調整・手技療法を中心としたあらゆる知識・技術をお伝えしています。

047-712-5470

受付
時間

9:00〜18:00
(第2・第4日曜日は除く)

手技療法が初めての方へ

手技療法を初めて学ぼうと
考えている方へ

有資格者の方へ

鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師など有資格者の方へ

見学・体験したい方へ

毎月、無料体験セミナーを
実施しています。

千葉校 初級セミナーの様子

今回は平成28年6月5日、千葉校、初級セミナーの様子です。

講義の内容は学院長による「体型学」です。

フェイスブックでもあげているのでご覧になってください→フェイスブック

 

内臓調整療法学院 初級セミナー『動画』 

お知らせ

 

☆【初級セミナー 千葉校 受付終了いたしました】

    初級セミナーの募集は受付を終了いたしました。

※来期からは有資格者を対象とした中級セミナー千葉校を開催します。

 詳細については下記の通りです

 

☆【中級セミナー 大阪校 受講生募集中!!】

開催日:平成28年9月18日より(毎月第一、三の日曜日 ※1月は第三、五)全12回

時間:11時から17時まで。

場所:大阪市天王寺区上汐3-2-16 ホテルライブアーテックス

参加資格:柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、整体師等の有資格者

参加費:25万円

申込期日:平成28年9月4日まで。

 

中級セミナー 新潟校 好評開催中!!

開催日:平成28年4月10日より(毎月第二、第四日曜日) 全15回

時間:10時30分から17時15分まで。

場所:新潟県長岡市西宮内2-23-102

参加資格:柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、整体師等の有資格者

参加費:30万円

 

☆【中級セミナー 千葉校 受講生募集中!!】

<千葉校>

開催日:平成29年4月2日より(第一、第三の日曜 )全12回

時間:10時30分から17時15分まで。

場所:千葉県市川市行徳駅前4-1-5

参加資格:柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、整体師等の有資格者

参加費:25万円

 

【地図はこちら】

 

 

有資格者向け入門セミナーのご紹介

福岡校、千葉校有資格者向け入門セミナーのご案内

北九州校
受付終了 次回は未定となっております。
千葉校

受付終了

次回は未定となっております。

セミナー参加ご希望の方はまず当学院にお電話ください☎047-712-5470

地方での入門セミナー開催について

入門セミナーの希望のお声をいくつもいただきました、千葉、九州以外の方からのお問い合わせも多くありました。

そこで、他県でも入門セミナーを開催できるようにしました。

【他県でのセミナー開催の条件】

●東京より日帰りで行ける場所であること(講義は約4時間)

●開催場所が提供できること

●参加人数が10名以上であること

●入門セミナー(5000円)とは別に、講師の経費が別途プラスされます。

※講師は学院長 南一夫 がおこないます。

ご質問がございましたら、ご連絡ください。

内臓調整療法学院千葉校移転のお知らせ

2015年4月8日に内臓調整療法学院(千葉校)が移転しました。

新校舎を構えた我が内蔵調整療法学院でご一緒に学んでいきましょう。

【新住所】千葉県市川市行徳駅前4-1-5 

現代社会において内臓調整は必須です!

内臓調整療法学院院長の
南一夫です

学院長のごあいさつ

人の体は複雑で、同じような症状でも原因が違うと対処法も違います。

以前の肉体労働が多かった時代には、筋肉や骨格の調整だけで済んでいましたが、現代ではストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどによって、脳や内臓が疲労して自律神経が乱れ、痛みやしびれだけでなく様々な症状を引き起こすようになりました。

そのため、筋肉や骨格の調整だけでなく、内臓や自律神経の働きを理解し、それに合わした調整法が必要になってきます。

しかし、内臓と身体の異常との関係をここまで教えてくれる所はあまりありません!

そのため、当学院には鹿児島、福岡、岡山、三重、京都、大阪、新潟、群馬、静岡、・・・など遠方からわざわざ交通費と時間をかけて多くの方が学びに来ています。

また、当学院長の本が韓国でも翻訳されて他国にも広がっています!

内蔵調整法について詳しくはこちら

では、他の学校とは何が違うのでしょうか!?

当学院には初めて整体を学ばれる方だけでなく、医師や理学療法士・鍼灸師・柔道整復師など国家資格を持った方や既に整体の仕事をされている方もたくさん学びに来ていますが、皆さん「解剖学・生理学・運動学やそれに基いた手技を一生懸命勉強したはずなのに臨床ではなかなか活かすことができずに悩んでいた」という方が多いです。

なぜ、臨床ではなかなか活かす事ができなかったのでしょうか!?
おそらく「解剖学・生理学・運動学」をそれぞれはしっかり学んでも、連動して学んでいないため、症状に対してどのように原因を探り対応すれば良いのか悩んでしまうのではないかと思われます。

例えば、筋肉や骨格・内臓の働きはそれぞれ分かっても、それがどのように関連し合って症状を引き起こしているのか?またその症状に対して「どこに、どのような刺激を、どれくらいの圧で、どれくらいの時間をかけると改善するのか?」を理解し対応していくのはなかなか大変です。

当学院では、学院長の南一夫が30年間でのべ10万人を施術しながら研究を行ない、「解剖学・生理学・運動学」だけでなく、各内臓の異常が神経や血液・ホルモンを通してどのように背骨や筋肉に影響し、体を歪ませ痛みやしびれなどの症状が発症するのか?など、実際に結果の出たものを体系化した「内臓調整療法」をお伝えしています!

そのメカニズム調整法を理解することによって「症状の本当の原因」が分かるようになり、結果が出せるようになってきます。

自分であれこれ悩むより、結果を出している人に学ぶのが上達の近道です。
当学院に興味のある方は体験セミナーにお申込み下さい!

体験セミナーについて詳しくはこちら

内臓調整療法を習得すると対応できるようになる症状

  • 筋肉や関節の痛みや疲労
    腰痛、肩こり、手や肘、股関節、膝、足首の痛み
     
  • 頭部のさまざまな症状
    頭痛、めまい、顎のいたみ、目の疲れ、耳鳴り
     
  • 自律神経の失調による症状
    胸焼け、食欲不振、動悸、呼吸が苦しい、内臓疾患による疲労や倦怠感
     
  • 女性特有の症状
    生理痛、生理不順、妊娠中の体調不良、お産に関係する不調、
    甲状腺などホルモン器官の乱れによる症状、更年期障害による症状
     
  • アレルギーや免疫機能の乱れによる症状
    アトピーのかゆみ、リウマチによる手や関節の痛み

当学院では内臓や自律神経についてしっかり学ぶため、「筋肉や関節の痛みや疲労」だけでなく、上記のような「頭部の症状」、「自律神経の失調による症状」、「女性特有の症状」、「アレルギーや免疫機能の乱れによる症状」などにも対応できるようになります。

出版された本・掲載された記事

当学院長の理論や経験を体系化した本「内臓体壁反射による異常観察と調整テクニック 概論」が出版され、韓国でも翻訳されました。
本の詳細はこちら

韓国は日本の制度と違い整体やカイロプラクティックなど民間の医療類似行為の営業が認められていません。この本は医師や理学療法士むけのものとして活用されるとのことです。
訳者の序文はこちら

その他にも健康雑誌「安心」に当学院長の記事が掲載されました。
詳細はこちら

出版された本

内臓体壁反射による異常観察と調整テクニック 概論

詳細はこちら

韓国版

内臓体壁反射による異常観察と調整テクニック 概論
(韓国版)

詳細はこちら

2006年6月号

肝臓を元気にして万病を治す新療法「足首そらし」 監修

詳細はこちら

2011年8月号

免疫機能が高まる保冷剤刺激 監修

詳細はこちら

当学院で学ぶ 観察・調整テクニック

当学院で学ぶ 調整テクニックは、身体の痛みや違和感といった異常を、体表の状態と様々な身体の歪みから自律神経の状態を観察し、手技療法による調整でもって改善を図ることを主たる目的としています。

そのため正しい観察調整方法が必要不可欠となります。

以下の5つのステップが当学院で学ぶ観察・調整テクニックの基本的な教授となります。

  1. 臓器別の自律神経の異常による体型の観察ができる…(体型の観察
  2. 内臓からの神経反射が体表で観られる…(体表の観察
  3. 体表を観察し神経の状態を判断できる…(神経の観察
  4. 刺激で自律神経をコントロールすることができる…(自律系の調整
  5. それに伴う骨格の異常や筋肉の異常を調整することができる…(運動系の調整

5つのステップの解説

臓器別の自律神経の異常による体型の観察ができる…(体型の観察

各内臓の異常がつくりだす体型を理解することによって、異常のある内臓が推測できるようになり、「なぜ右(左)肩が上(下)がるのか?」、「なぜ骨盤が歪んでいるのか?」…などが分かるようになります。

内臓からの神経反射が体表で観られる…(体表の観察

異常のある内臓は神経を通して筋肉を緊張させ、背骨や骨盤を歪ませます。
歪みのある椎骨や緊張している筋肉などから異常のある内臓を推測できるようになります。

体表を観察し神経の状態を判断できる…(神経の観察

(2)で得られた体表異常箇所に準ずる交感神経、または副交感神経の緊張状態を判断し、調整箇所と調整の種類を決定します。

刺激で自律神経をコントロールすることができる…(自律系の調整

(2)や(3)で得られた神経の状態(交感神経または副交感神経)を理解し、弱っている神経を鼓舞したり興奮している神経を抑制することによって(1)~(3)の改善を図ります。

それに伴う骨格や筋肉の異常を調整することができる…(運動系の調整

短期的な(1)・(2)の異常であれば、(4)の調整を施すことで容易に改善しますが、(1)・(2)の異常が長期にわたるものである場合、慢性化し筋肉や靭帯が固まってしまいます。
さらにその歪んだ姿勢のバランスをとるために、他の関節や筋肉などにも異常をきたします。

このように慢性化した身体の異常は、(4)の調整だけでは改善が図りにくく、直接、各関節の調整を行なうことによって飛躍的な改善が図られます。

当学院では、各臓器ごとの体型観察法から調整法までを詳細にお伝えしており、これらを習得することによって、「なぜこのような姿勢になっているのか!?」、「なぜこの筋肉が緊張しているのか!?」、「なぜ骨盤がこのように歪むのか!?」、「なぜここに痛みが発生しているのか!?」・・・などを理解できるようになり、本当の原因が分かるようになっていきます。

また、基礎的な生理解剖学をはじめとした知識やより臨床に即した実技をおりまぜることによって、調整のための確かな観察テクニックと調整テクニックを習得していただきます。

そのため初級者でもスムーズな理解を促すよう、独自のカリキュラムを組んでいます。

内臓調整療法を身につけると・・・

当学院で学ぶと、内蔵の異常が「体の歪み」や「痛み」や「しびれ」など、どのように作用しているのか?
また、その歪んだ姿勢のバランスをとるために、どのように歪むのか!?そのメカニズムや調整法が習得でき、更に、内臓だけでなく、神経学、筋肉や骨格、栄養免疫学など、様々な角度から学ぶことによって多角的に判断できるようになります。

実際の臨床と関連付けた解剖生理学や運動学などをみっちり学んで理解すると、症状の本当の原因が分かるようになってきます。

例えば、内臓の不調が原因で、頭痛や肩こり・腰痛が出ているのに、運動系(筋肉や骨格)の調整をしても改善しません。

逆に、異常のある内臓の調整をすると頭や方・腰を触らなくても症状が改善するケースが多くあります。

このように、その症状の原因が内臓にあるのか、悪い姿勢や運動などによる故障なのか、「内臓調整療法」を学ぶと理解できるようになってきます。

また、整体院や接骨院、鍼灸院、マッサージ院などがどんどん増えていく中で、他との差別化できる手技を持っていないとこれからの競争に勝ち抜いていけません。

どこの学校に行こうか迷っている方は、何となくで決めずに講義を体験したり、話を聞いたり、本当に自分に合っているか?など、じっくり比較検討して頂ければと思っています。

ご興味のある方は、是非体験セミナーにお越しください!

体験セミナーについて詳しくはこちら
※体験セミナーは各講義先着5名となっていますので、ご興味のある方はお早めにご連絡下さい。

お問合せ・ご相談はこちら

当学院についてわからない点やご相談、資料請求、見学希望などございましたら、お電話もしくは下記フォームからお気軽にお問合せください。

お気軽にお電話ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

047-712-5470

受付時間:9:00〜18:00 (第2・第4日曜日は除く)

お問合せフォーム
資料請求フォーム

このページのトップに戻る

無料体験セミナー

毎月第1、3週の講義は無料の体験セミナーを開催しています。予約制になりますのでお早めにお申し込みください。

047-712-5470

小冊子プレゼント!

資料請求して下さった方に、当学院の理論の一部が分かる小冊子をプレゼント!

詳細はこちら

受講生募集中!

クリックすると募集要項が
ご覧になれます。

千葉校:2016年9月開講

施術を体験したい方へ

内臓調整療法を体験したい方は、各認定施術所にお申し込み下さい。(有料)

詳細はこちら

学院概要

内臓調整療法学院

047-712-5470

047-712-5470

gyoutokukinsei@gmail.com

受付時間:9:00〜18:00
(第2・第4日曜日は除く)

お問合せフォーム

住所・アクセス (千葉校)

千葉県市川市行徳駅前4-1-5

東京メトロ東西線 行徳駅より徒歩5分